ファッション

晴天でも違和感なし!レインスニーカーのメリットとデメリットは?

長靴とレインスニーカー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

昨今は商品のサイクルが早いです。次々に新しい商品やアイデアを凝らした製品が販売されます。

今回はレインスニーカーについて書いてみたいと思います。私もレインスニーカーを買ったのは初めてだったのですが、何回か履いているうちにメリットとデメリットが分かってきました。

 

今までは雨の日=長靴、もしくはスニーカーで我慢する。だったのですが、レインスニーカーが登場してからは断然、雨の日=レインスニーカーの一色に変わりました。

こんなに便利なものが発売されているとは知らなかった・・・。歩くことがまあまあ多い私にとっては、けっこう重宝。既にお気に入りの一足になりました。

 

職場までは歩きなので、雨の日は靴底から染みて靴下が毎回濡れていた

基本的に私は職場まで自転車か歩くことにしています。仕事ではデスクワークがけっこう多く、運動不足になりがちです。

自分で運動不足と分かってはいても、休日に改めて運動をする気にはなれません。体を動かすことはそれほど嫌いではないのですが好きでもないです。休日くらい体を休ませてあげたい~。もう完全なインドアでのんびり派です。

 

昨今はゲームやネット、動画などがかなり普及しているので、私みたいなインドア派は少数というより反対に多いのでは?

話しが少し逸れましたが、要は運動不足解消の意味も込めて職場の行き帰りくらい、自転車や歩くことにしているのです。自転車や歩きにして一番何が困ったかと、やっぱり雨の日です。

自転車に乗るのにもレインコートを着てまで乗ろうとは思えず、ついつい歩きになってしまうのですがスニーカーで歩いていると、徐々に靴底から染みてきて最後には靴下がビッショリと濡れてしまいます・・・。

 

だからといって、普通の雨くらいで長靴を履くのにはちょっと抵抗があります。いい大人なので・・・。周りを見てもあまり長靴を履いている人は見かけません。

雨の日の歩きで靴底から染みて靴下が濡れることが毎回ネックになっていました。夜帰宅してからドライヤーで乾かしたりといった具合です。しかし、どうすることも出来なかったので、結局は我慢することに。出来ることと言えば天気予報を見ながら「お願い、雨降らないで!」と願うのみ。



そんな中、ショッピングセンターでレインスニーカーに遭遇

センスは別としてファッションは比較的好きな方なので、洋服屋さんや靴屋さんのお店にはたまに行って物色してきます。「掘り出し物ないかな~」といった具合に。

そして、たまたま入ったお店に何か見慣れないような物が置いてありました。そう、ショッピングセンターで初めてレインスニーカーに遭遇した瞬間でした。

 

最初に見た時は頭に?マークが出てきました。これはスニーカー?それとも長靴?どっちだろう。といった感じです。レインスニーカーを見たのもその時が初めてだったので、無理もないですよね。私が買った時は確か5900円くらいだったのが、なんとセールで2000円割り引いてくれるとのことです。もう迷う選択はありません。即買いでした。

店員さんの話しだと雨用のスニーカーなので、長靴と同等の防水効果があるとのこと。靴下に染みて濡れることで悩んでいた私にとって、希望と期待が膨らみました。

 

雨の日が嫌いだった私にとって、早く雨の日が来ないかなと思う次第です。もう気分はルンルン!

 

レインスニーカーのメリットは?

レインスニーカー

もう雨の日は恐くなく、ルンルンな気分でレインスニーカーを履く日々が続いたのですが、履いているうちに良い点、悪い点がみえてきました。まず私が感じたレインスニーカーを履いてのメリットについて説明します。

 

長靴同様に濡れない、靴下に染みてこない!

やっぱりこれが一番大きいですかね。長靴同様に濡れない、靴下に染みてこない。雨の日に歩いて毎回私が困っていた事です。防水力はさすがです。歩く時に水たまりを気にして、なるべく水溜りが無いところを探して歩いていました。

このレインスニーカーを履いてからは水溜りが全然気にならなくなりました。もちろん、少し大きめの水溜りだと踏んだ時に周りに跳ねて迷惑をかけるので、大きい水溜りには注意を払いますが。

 

これだけでも大分私のストレスは軽減されました。靴下が濡れると歩く度にビシャビシャ音がして気持ちが悪いですよね~。靴下は汚れるので、帰宅したらすぐに履き替えなければならないし。

あと、スニーカーの場合は靴底もビッショリ濡れるので、干したり乾かしたりという手間もありました。冬など気温が低い場合は翌日もまだ少し湿っていたりということも・・・。

スニーカーの時はかなりマイナスの要素が多かったです。

 

見た目は普通のスニーカーなので、晴れの日に履いても違和感なし

パッと見た感じは本当に普通のスニーカーと同じです。なので、晴れている日に履いてもあまり違和感がありません。ただちょっと歩きづらいくらいで・・・。

「日中は晴れているけど、仕事から帰る夜には雨が降るみたい。」という時などは朝から普通に履いていけます。これが長靴の場合はそうもいきませんよね。「あの人、晴れているのに何で長靴を履いてるの?」と思われるのがオチです。

 

ここ数年は気象の変化が激しいので、急に激しい雨が降ってきた時などでしょうか。天気予報で一時的に少し雨が降るかも!?と言っていたら、その日はすかさずレインスニーカーを履いていけば何ら問題はないはず。

晴れの日に履いていても違和感がないものだから、雨が降る時に関しては大幅に対処ができます。この利点もかなり大きいです。

 

長靴と違いデザインは普通のスニーカーなので、お店に売っているデザインの種類や色は豊富

良い特徴はまだあります。そう、長靴と違ってデザインは普通のスニーカーなので、売っているデザインの種類や色は豊富!

長靴だと大体は一色でカラーは数種類あるくらいですよね。ほぼほぼ形は同じなので、デザインのデの字もないかもしれません。

 

それに比べてレインスニーカーは、スニーカーと形が一緒なのでデザインは多彩です。一つのお店ではそこまで沢山は置いてありませんが、ネットで検索してみると出てくる出てくる・・・。

色もデザインも色々なものが販売されています。気分で変えるのも良いし、ファッション性もあるので洋服に合わせてデザインを選ぶのも良いです。

こうなってくると、スニーカー同様に2,3足は購入して、その日の洋服に合わせてチョイスするのも楽しいはず。

 

以上、メリットをまとめると、

・長靴同様に防水性は抜群!

・デザインはスニーカーと同じで、晴れの日に履いても違和感なし。

・デザインの種類や色は豊富

 

天気予報で傘マークが出てきても嫌な気分にならなくなった

以前の私は天気予報で傘マークが出てくると憂鬱になっていました。しかし、このレインスニーカーを履くようになってからは天気予報で傘マークになっても嫌な気分になるどころか、逆に上向くくらいです。

運動不足の解消にはなるし、靴下は濡れないし・・・。プラスの要素の方が多いですかね~。まあ、さすがに台風や豪雨だと歩く気にはなれませんが。

こんなメリットの多いレインスニーカーに、もっと早く巡り会いたかったです。



レインスニーカーのデメリットは?

レインスニーカー

レインスニーカーのメリットにばかり目が行きがちですが、デメリットもしっかりあります。

 

防水を兼ねた素材なので、そこにデザインも比較的重視するので従来の長靴より耐久性は弱い!?

長靴は見た目より防水性を中心とした作りになっています。なので、防水性は抜群な上に耐久性もしっかりしています。一度買えば何年も履き続ける事が出来ます。

逆にレインスニーカーは防水性はもちろん、デザインもそこそこ重視しているため、長靴に比べると耐久性は劣ります。私もお気に入りのレインスニーカーを2年くらい履いた時点で、靴底は大丈夫なのですが指の付け根の上側のあたり(歩くときに丁度シワが寄る部分です)に少し亀裂が入りました。

 

歩いていてその上の部分から水がしみてくることはそこまでないので、あまり気にせずに履き続けているのですが。

防水性とデザインは申し分ないのですが、耐久性までは仕方がありませんかね・・・。今後、耐久性がアップするように改良されることを期待。

 

ローカットタイプもあるが、ハイカットタイプの物だと使いどころが限られる

レインスニーカーにはローカットのタイプとハイカットのタイプがあります。ハイカットの方が防水出来る面積が広いので、雨が強い時などには向いています。私もハイカットの物を持っています。

しかし、ハイカットのタイプだと使いどころが少し限られます。雨の降っている日は問題なく履けるのですが、曇りの日や晴れている日で、パンツの裾が足元までくる場合は良いのですが、ハーフパンツや短パンをはく場合は見た目がちょっと重くなり、違和感が出てきます。

 

私も夏にはハーフパンツで過ごす事が多いのですが、その時はさすがに雨が降らないとハイカットタイプのものは履くのに抵抗があります。

気にしない人もいるのでしょうが、大多数の人は気にするのではないでしょうかね。ローカットタイプのものならば問題はないのですが、この場合は足首より少し上の部分が雨で濡れる可能性があるという欠点があります。

 

デザインや種類は豊富だが、雨の日をベースとしているので取り扱っているお店自体はそこまで多くない

長靴に比べてデザインや種類は豊富です。しかし、基本的に目的が雨の日をベースに考えられているので、取り扱っているお店がそこまで多くはないです。お店ごとに見ても一店舗に占めるスニーカーの割合からすると断然少ないです。

なので、色々見比べたいのであれば、ネットで検索して探した方が多くの種類を目にする事が出来ます。

 

やはり日本の気候は、一ヶ月を通しても梅雨の時期以外は晴れの日が多いです。7.8割くらいは晴れでしょうかね。必然的にレインスニーカーを履く割合は少なくなり、普段靴に比べて良くて2.3割といったところでしょうか。

となると、買うお客さんのニーズもそこまで高くなくなるので、一つのお店に置いてある数が少ないのも理解出来るはず。

 

履き心地は長靴と同じで、スニーカーみたくクッション性や歩きやすさはない

履き心地は長靴と一緒です。見た目はスニーカーですが、目をつむって履いてみるとスニーカーなのかレインスニーカーなのか分からない感じです。靴底にクッション性はなく板のような感触なので、歩きやすいとは言えず長距離歩くと疲れます・・・。

これで靴底のクッション性もあれば尚よいのですが・・・。ここまで求めても仕方がないですよね。どちらにしても雨が降っていればそんなに早く歩けないのですから。

 

靴底が板のような感じなので、保温性がないです。冬場は冷たく感じ、雪なんか降った日には靴下を二重にして履かないと冷た過ぎるくらい。

見た目以外は長靴と考えた方が失敗しないはずです、きっと。

 

以上、デメリットをまとめると、

・ハイカットタイプは使いどころが限られる

・雨の日が目的なので、お店に置いてある数は多くはない

・履き心地はスニーカーみたくクッション性や歩きやすさはない

 

雨の日でも晴れの日でも気分が上向く、レインスニーカーを履いて楽しもう!

レインスニーカーのメリットとデメリットについて説明しました。雨の日でもまだ降ってない時でも、気分は上向きます。

自分好みのレインスニーカーに巡り会えれば、雨の日でも楽しく歩けること間違いないです。メリット、デメリットを把握した上でお店に行き、自分に合ったレインスニーカーを見つけよう!