パソコン・スマホ

502 Bad Gateway とは何?意味や直し方を分かりやすく解説!

webサイトを運営していたり、もしくは色々なwebサイトを見ていたりするときに、たまに遭遇する「502 Bad Gateway」というページ。

これは訪問先のサイトのコンテンツの一部ではなく、単なるエラー。

なので、何も操作することはできず、素直にタブを閉じるしかありません(涙)

つい先日、私が訪問したwebサイトでこの「502 Bad Gateway」のエラーに遭遇しました。

 

そんな経緯があったので、今回は、502 Bad Gateway とは何か?その意味や直し方を分かりやすく解説していきます。

 

502 Bad Gateway とは何?意味や原因は?

「502 Bad Gateway」とは、webサーバー間で何か問題が発生して、サイトが上手く表示されない状態

要するに、「エラーのためサイトのページが上手く表示できませんよ!」って教えてくれているのですね。

webサーバー上での問題なので、基本的にはサイト運営者側の問題。

考えられる主な原因は、

1,アクセスの集中

2,サーバーのメンテナンス

3,サーバーの不具合

4,ドメインやIPアドレスの変更

5,プラグインやテーマの更新(ワードプレス使用時)

といったところ。



502 Bad Gateway の直し方や対処方法

では、「502 Bad Gateway」と書かれたページが表示されたらどうしたらよいでしょうか?

基本的にユーザー側で対処できることはないので、サイト訪問先で表示された場合はサイト運営者側の対応を持ちましょう。

ここではサイト運営者側で問題が起こった場合について、直し方や対処方法を解説していきます。

 

1,アクセスの集中

まずは、サイトにアクセスが集中してしまった場合も、「502 Bad Gateway」のエラーが表示される原因になります。

特にサーバー自体の容量が小さい場合、アクセスが集中しすぎるとさばききれなくなってしまうのでしょう。

このアクセスの集中が考えられる場合は、サイトを再読み込みするか、一度時間をおいてから再度アクセスを試みると良いです。

それで原因が解消されるなら、アクセスの集中が原因と考えられます。

 

頻繁に起こるようなら、今より容量の大きいサーバーに変更することも考えた方がよいでしょう。

 

2,サーバーのメンテナンス

たまにサーバーのメンテナンスが行われる場合があるかと思いますが、この場合でも「502 Bad Gateway」のエラーが表示されることも。

でも、大体は「ただいまメンテナンス中です」といった表記をされていることの方が、多いでしょう。

私も毎日いろいろなサイトを訪問しますが、「502 Bad Gateway」のエラーページはなかなか遭遇しないので(;’∀’)

 

対処方法としてサーバーのメンテナンス中になってしまった場合は、先ほどのアクセス集中時と同様に、時間を少しおいてから再度アクセスしてみるとよいでしょう。

メンテナンスが終了すれば、エラーの表記はなくなるはずです。

 

3,サーバーの不具合

次に、サーバーの不具合も原因になります。

直近でサーバーの設定を変更したり、何かコードの記述を追加したりしてそれが「502 Bad Gateway」のエラー表示の原因になっていることもあります。

直近で、何かサーバーの設定変更などの作業をしたかを思い出してみて、心当たりあるのなら変更前の設定に一旦戻してみて、エラーが解消されたか確認してみましょう。

 

4,ドメインやIPアドレスの変更

ドメインやIPアドレスを変更した場合でも、「502 Bad Gateway」のエラーが表示されることがあります。

ドメイン名やIPアドレスはDNSサーバーで変換されるのですが、ドメイン名やIPアドレスを変更した場合は反映されるまでの間、上記のエラーが表示されることも。

この場合は一過性のエラーなので、少し時間をおいて反映されればサイトが表示されるようになるはず。

 

5,プラグインやテーマの更新(ワードプレス使用時)

ワードプレスを使っている場合は、プラグインの更新やテーマの更新でもエラーが表示されることもあります。

私もそうですが、ブログやっている人はこのエラーが一番多いのではないでしょうかね(汗)

サイトにエラーが表示されるようになる直前に、プラグインやテーマの更新はしてないかをチェックすればすぐに分かりますよね。

その場合は、プラグインを停止したり、バックアップを復元したりして正常に動作していた時の状態に戻せば、エラーは解消できます。

 

ちなみに、WordPressの編集画面が真っ白になった時の対処法については、こちらの記事にまとめてあります。

【簡単】WordPressの編集画面が真っ白になった時の対処法(原因がプラグイン)今まで普通に使えていたWordPressの画面が真っ白に・・・。あせりますよね。今回は、WordPressの編集画面が真っ白になった時の対処法(原因がプラグイン)について、筆者の経験をもとに簡単かつ具体的に解説していきます。...

 

まとめ

今回は、502 Bad Gatewayの意味や直し方を解説していきましたが、いかがでしょうか?

502 Bad Gatewayのエラー表示が出ても原因は必ずあるので、対処方法が分からなかった人は上記を参考にしてみてくださいね。