MENU
アドセンス・アフィリエイト

【Googleアドセンス】GDPR、CCPAとは何?対応や設定方法を解説!

GDPRとCCPAの設定方法

数か月前から、Googleアドセンスの管理画面でちょいちょい出てくる「GDPR」「CCPA」という単語。

「GDPRに対応しましょう!」「CCPAを設定しましょう!!」みたいな感じで表示が出ていましたが、今まではよく意味が分からないので完全スルー。

 

しかし、そのような表示は一向に消えることなく、ちょいちょい追加でメッセージが出てくるので、いい加減無視しない方が良いなと思ったので設定してみました。

 

GDPRの設定方法

GDPRとは

GDPRの詳細についてはこちらから確認できます。

GDPR の概要とガイダンス  GDPR 遵守をサポートするツールについて

 

・・・ざっと読んでみてもややこしいですよね(汗)

 

簡単にまとめると、GDPRとはEU各国に適用される個人情報を保護する法令のことです。

ヨーロッパの人向けに記事書いてないよ!って思うかもしれませんが、ユーザーが訪問してくる可能性があるので、設定はしておかなければならないみたい。

 

GDPRの設定方法

GDPRの設定方法です。

 

アドセンスの管理画面の

  1. 画面左にあるメニューの「広告」をクリック
  2. 右下にある鉛筆マークをクリック
GDPRの設定方法

 

次に、

  1. 画面右上の「プライバシーに関するメッセージ」をクリック
  2. GDPR同意メッセージのスイッチをON
プライバシーポリシーのURL

 

下にスクロールして、

  1. 「プライバシーポリシーのURL」と書いてある右側の鉛筆マークをクリックして、自分のブログのプライバシーポリシーのURLを入力
  2. 同意オプションは「同意する、オプションの管理」を選択
  3. 「サイトに適用」をクリック

これでGDPRの設定は完了です。

プライバシーポリシーのURL



CCPAの設定方法

今度はCCPAの設定方法です。

CCPAとは

CCPAメッセージの詳細についてはこちらから確認できます。

CCPA メッセージについて

 

・・・やっぱり何となく意味は分かるけど、分かりにくい。

簡単にまとめると、CCPAとはカリフォルニア州で適用されるプライバシーの法律です。

 

CCPAの設定方法

では、CCPAを設定していきましょう。

 

先ほどのGDPRの設定と同様に、アドセンスの管理画面から

  1. 画面左上にある「広告」をクリック
  2. 画面右下の鉛筆マークをクリック
CCPAメッセージの設定

 

次に、画面右上の「プライバシーに関するメッセージ」をクリック。

CCPAメッセージの設定

 

画面を下にスクロールして、

  1. 「CCPAのプライバシーメッセージ」と書いてあるスイッチをON
  2. 「サイトに適用」をクリック

これでCCPAの設定も完了です。

CCPAメッセージの設定

 

設定もややこしそうな感じはしたけど、やってみるととっても簡単。

ものの数分あれば設定は完了できる感じ。

 

ちゃんと設定されたかの確認は、アドセンスの管理画面で左側の「プライバシーとメッセージ」のメニューをクリックします。

GDPRとCCPAともに「メッセージ:オン」と表示されていれば設定はOK

CCPAメッセージの設定

 

まとめ

今回は、GDPR・CCPAとは何か?また、対応や設定方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

GDPR、CCPAともに意味は少しややこしいですが、アドセンスの設定はとっても簡単。

まだ設定してない人は、重い腰を上げてでもサクッと設定してしまいましょう!