ブログ

アドセンスで「RPM」「ページRPM」「PV」「表示回数」とは何か?

グーグルアドセンス

今回は、アドセンスの管理画面に出てくる「RPM」「ページRPM」「PV」「表示回数」について用語の意味を解説します。

アドセンスのレポートや管理画面に出てくる、「RPM」「ページRPM」「PV」「表示回数」の用語の意味がよく分からない!と思っている人には参考になる内容だと思います。

 

ちなみに、「CPC」「ページCTR」「CPM」について意味が分からない人はこちらの記事にまとめてあります。

ブログ
アドセンスで「CPC」「ページCTR」「CPM」とは何か?また平均値は!?アドセンスに合格したはいいが、管理画面をみたら用語の意味が分からない!とアドセンスに合格したての人は思う事が多いのではないでしょうか。今回は、CPC・ページCTR・CPMの意味や平均値について紹介します。...

 

CPC・ページCTR・CPMの意味は理解できたが、アドセンスの管理画面ではまだ理解できない用語が・・・

管理画面

前回の記事でCPC・ページCTR・CPMの用語の解説はしました。しかし、アドセンスの管理画面ではほかにも、RPM・ページRPM・PVなどいろいろ用語があり・・・。

「そっちも分からないよ!」といった声が聞えてきそうです(汗)

私もほんとにアドセンスに合格したての時は、メンタル的にも緊張と疲労感でヘロヘロした状態なのに、いざ管理画面を開いてみると分からない用語だらけでちんぷんかんぷん。

 

「こんなに分からない用語、理解できるようになるかな・・・」と、私も最初は思っていました。しかし、案外何回も管理画面を見ているうちに嫌でも目に入ってくるので、意味が分からないうちでも抵抗感は徐々に薄れていきました。

今では抵抗感も薄れた上に、内容も理解できたので、いろいろな数字を見るたびに「ん、どうしてここが上がらないんだろう?」「予想以上にこの数字が上がっている」などと、試行錯誤できるようになりました。

なので、合格したての人でも抵抗を感じるのは数日~数週間くらいで、その後すぐに慣れますので大丈夫です。逆に用語の意味が理解できると、色々試行錯誤ができるので管理画面を見るのが楽しくなりますよ!

 

用語に抵抗を感じるのは合格して数日~数週間くらい。用語の意味が理解できれば、レポート画面を見るのが楽しくなる!



アドセンスでいうRPM・ページRPM・PV・表示回数の意味は?

辞書

それでは、アドセンスでいうRPM・ページRPM・PV・表示回数の意味を一つずつ解説します。

 

PV

アドセンスでいうpv(ページビュー)とは、アドセンスの広告が貼られたページが表示された回数です。なので、アドセンスの広告が貼られてないページが表示されてもカウントされません。

すべてのページにアドセンスの広告が貼ってあれば、アナリティクスのpvと同じになりますがそうでなければアドセンスとアナリティクスのpvは違う数字になります。とはいっても、多少の誤差はありますが…。

 

アドセンスでいうpvとは、ブログ内のすべてのページを対象にして表示された回数ではなく、アドセンスの広告が貼られたページが表示された回数!

 

表示回数

アドセンスでいう表示回数とは、一つのアドセンス広告が表示された回数です。

つまり、一つのページを表示してそこにアドセンス広告が3つ貼られていた場合、1pvで表示回数は3になります。慣れないとすこしややこしいですよね。

ちなみに、サーチコンソールにある表示回数は、検索結果にサイトのリンクが表示された回数になります。同じ単語でも内容が変わってくるので、慣れるまでは混同します(汗)

 

アドセンスでいう表示回数は一つのアドセンス広告が表示された回数であり、一つのページが表示された時にアドセンス広告が3つあれば表示回数は3となる

 

RPM

RPMとは、広告が1000回表示されたときの見積もり収益額のことを言います。

例えば、見積もり収益額が4000円で広告が10000回表示されたとすると、

 

4000÷10000×1000=400 → 見積もり収益額÷広告の表示回数×1000=RPM

 

なので、RPMは400円となります。

 

アドセンスでいうRPMは、広告が1000回表示された時の見積もり収益額




ページRPM

アドセンスでいうページRPMとは、アドセンスの広告が貼ってあるページが1000回表示された時の見積もり収益額のことをいいます。なので、アドセンスの広告が貼ってないページは表示された回数に含まれません。

例えば、見積もり収益額が2000円で10000pvあったとすると、

 

2000÷10000×1000=200 → 見積もり収益額÷ページビュー×1000=ページRPM

 

よって、ページRPMは200円となります。用語は似ていますが、RPMとページRPMではちょっと違ってきます。

 

ページRPMは、アドセンスの広告が貼ってあるページが1000回表示された時の見積もり収益額



ページRPMの平均値は?

電卓

アドセンスではページRPMのことを省略してRPMと表現することもしばしばあります。まあ、それだけページRPMが重要になってくるのですが・・・。

「じゃあ、ページRPMの平均値はどれくらいなの?」と気になる人も多いでしょう。

 

ページRPMの平均値は300円前後

 

もちろん、ブログの内容やジャンルによっても訪問するユーザーが変わってくるので表示される広告の単価も変わってきます。

中にはページRPMが400~600円前後になっている人もいるみたいで、羨ましいですね~。



まとめ

今回は、アドセンスでいうRPM・ページRPM・PV・表示回数の用語の意味とページRPMの平均値について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

アドセンスを初めてばかりの人は、頭がすこしこんがらがるかもしれません。しかし、用語の意味さえ理解してしまえば、後はブログを分析して収益を最大化させやすくなるでしょう。